大原中学校からのお知らせ

◎「ストップ!熱中症」 熊谷市長の緊急メッセージ
 学校の夏休みがはじまり、市内各地で、多くのお祭りが開催されます。この夏を大いに楽しむため、「油断」することなく、下記の3点を必ず守ってください。

 (1) 野外での活動には、こまめな水分や塩分の補給と休憩が必要です。特に農作業の「頑張り過ぎ」は危険です。
 (2) 室内でも熱中症は起こります。エアコン等を活用しながら水分補給に心がけてください。
 (3) ご家族・ご近所など、お互いで積極的に声をかけ合いましょう。

 これは、命にかかわる問題です。市民の皆さんには、十分な対策を講じるようお願いいたします。
   平成30年7月20日        熊谷市長 富岡 清
 
カウンタ
54506(平成30年4月~)
オンライン状況
オンラインユーザー29人
ログインユーザー0人

大原の地はひろびろと30

新着情報

 

熊谷市「4つの実践・3減運動」

リンク先














 

お知らせ

 熊谷市立大原中学校 校長 長谷川 雄一

 歴史と伝統を誇る本校の歴史をひもとくと、昭和22年4月1日、設置認可され、熊谷市立女子高校と併置、同年5月1日、5学級で開校。昭和23年、市立女子高校が熊谷女子高校と併合し、大原中学校が独立校となりました。その間、1万4千余名の卒業生を輩出しています。また、熊谷市街地に位置し、埼玉県立熊谷農業高校と隣接、その東には埼玉県立熊谷高校・看護学校があり、また、すぐ前には熊谷市立石原小学校があるなど、正に文教地区にあります。
 本校は、『地域と共に「夢」「誇り」「志」を育む大原中』を掲げ、知・徳・体のバランスのとれた学力をしっかりと身に付け、一人一人の生徒が個性を伸ばす教育を全職員が一丸となって行っています。